アパレル復興のカギは在庫の適正化と EC の活用にあり

apparel_reconstruction

アパレル業を営む企業の中には、新型コロナ感染拡大の影響により、今後どのようにして事業を成長させていけばいいのか模索している企業も多いでしょう。また、在庫を抱えすぎている状況の改善に取り組みたい企業も多いはずです。この記事では、今後のアパレル業の鍵となる可能性のある在庫の適正化と EC の活用について解説します。

新型コロナウイルスによってアパレルが受けた影響

新型コロナウイルスの感染拡大によって多くの業界、企業が影響を受けており、アパレル業も例外ではありません。ここでは、アパレル業にどういった影響があったのか解説します。

外出自粛や店舗休業による売上の減少

新型コロナウイルスが流行したことによって、店舗を休業しなければならなくなるなど、実店舗での売上が厳しい状況になっていると考えられます。また、同様に消費者は外出を自粛するようになっており、店舗へ足を運ぶ機会も減っているため、たとえ休業していないとしても、やはり売上が減少している可能性が高いと考えられます。実店舗での販売を主に行っている企業にとっては、外出自粛や店舗休業により大きな打撃を受ける結果となりました。

売上の減少に伴う大量の在庫

売上の減少は大量の在庫発生にも繋がってしまっている可能性があります。在庫を大量に抱えることによって、企業はキャッシュフローが悪化するほか、在庫の管理コストも増加するなどリスクは少なくありません。
このように、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、アパレル企業はさまざまな被害を受けています。

では、このような時代の中で、アパレル企業が生き残っていくためにはどうすればいいのでしょうか。
引き続き解説します。

アフターコロナを勝ち抜くためにアパレルがすべきこと

ここでは、売上減少や在庫発生など新型コロナウイルスの影響が少なくないアパレル企業において、今後生き残っていくためにどういったことをすればいいのか解説します。ぜひ参考にしてください。

EC の活用

売上減少をカバーする方法の 1 つに EC の活用が挙げられます。新型コロナウイルスの影響により実店舗を訪れる消費者が減り、売上に影響が出ているかもしれませんが、逆に巣篭もり需要に伴い、 EC での販売は好調傾向にあります。そのため、実店舗のみの販売から EC 市場に参入する企業も少なくありません。

ただし、 EC での競争は激化しているため、結果を残すためには、動画配信サービスを活用したライブコマースを導入するなど工夫を凝らす必要があります。ライブコマース とは、ライブ動画を配信し、視聴者に商品を購入してもらうという形の販売方法です。視聴者は、配信者に対してリアルタイムで質問できるほか、商品に興味を持てば配信画面からそのまま購入することもできます。

動画は自宅からでも視聴できるため、実店舗に足を運ばなくても、店舗にいるかのようなコミュニケーションが取れ、リアルな購買体験が得られる点が特徴です。

在庫の適正化

販売不振によって在庫を大量に抱えるリスクを回避するためにも、在庫の適正化を測る必要があります。具体的には、これまで行われてきた大量生産。大量販売モデルからの脱却を図ることが重要です。

近年では、在庫リスクを抑える方法として受注生産に取り組む企業も少なくありません。例えば、スーツやシャツなどを対象にした「パーソナルオーダーサービス」は、デジタル技術を活用し、採寸データを工場と連携させることで、中間工程を削減し、従来のオーダーメイドよりもさらに低コストでの納品を可能にしています。
このように、在庫リスクの軽減はアフターコロナの時代における1つのポイントとなります。

一方で、完全に受注生産型に移行することは、多くのアパレル業者にとって現実的ではありません。そのような場合、可能な限り在庫を抑える方法として「多品種少量生産」や「迅速生産」などを行うのも1つの方法です。この時、縫製工場を束ねたうえで、不稼働の設備を有効活用することで、生産における無駄を省けるため、多品種少量生産・迅速生産の実現に効果的です。

このように、デジタル技術が進化したことで、データ連携が行いやすくなりこれまではできなかった方法での生産が可能となったことで、在庫の適正化を行いやすくなっています。

短サイクル小ロット高回転

アフターコロナ時代では、どのような商品に消費者が興味を持つか、新たな流行となるか読めない部分もあるため、単サイクル小ロット高回転できる体制を整備することも重要です。

コロナ禍以前より、消費者の購買基準は多様化していました。しかし、コロナの影響に伴う生活様式の変化から、消費者に刺さる商品にも変化が現れる可能性は少なくありません。そのため、トライアンドエラーで商品を作っていけるように、短サイクル小ロット調達で高回転させる体制づくりが重要だといえます。

こういった生産体制が整備できれば、一括大量調達よりも利幅こそ薄くなりますが、交差比率で高収益が期待できます。

アフターコロナ時代に求められるのは柔軟な対応ができる生産体制

アパレル業がアフターコロナ時代を生き抜いていくためには、従来の方法だけでなく、 EC の活用や多品種少量生産など新しい手法に取り組むことがポイントです。

一方で、例えば多品種少量生産に取り組む場合、体制づくりをしっかりと行わなければなりません。小島衣料では、短納期・小ロット生産を希望する企業のサポートがあります。服の種類やサイズ、レディース、メンズ、子供など全てのアイテムに対応可能です。
新しい生産体制を作りたい、在庫を抱えるリスクを低減したい企業様は、ぜひ小島衣料にご相談ください。

いま注目の関連記事

急ぎのご相談から、
サンプル作成、
小ロット対応まで
お気軽にご相談下さい。

メールでお問合せ

納期問合せ・見積り依頼(無料)

(受付時間:24時間)

電話でお問合せ

【東京】03-5642-6155

(受付時間:平日10:00~18:00)