【アパレル3Dモデリングサービス】
見積~納品までの流れと納期を解説!

flow_commentary

アパレル業界では衣類の大量廃棄が問題となっています。こうしたなか注目されているのが、3Dモデリングサービスによるサスティナブルな服作りです。そこでこの記事では、3Dモデリングサービスを利用する際の具体的な流れや、3Dモデリングサービスならではの利点を紹介します。

アパレル3Dモデリングサービスとは

アパレル業界では、衣類の大量廃棄が問題となっています。理由として、アパレル生産の過程や販売の前に大量に生産する必要があるからです。アパレル商品の生産工程では、商品規格が決定するまでの間に複数のサンプル作成を行っています。同じ型紙であっても、生地の種類、デザインやシルエット、色目などが異なることにより、試作段階で大量のサンプルが制作されます。さらに、商品規格が決定した後も、見込み生産や大量生産により、実際の需要以上に多くの衣類が生み出されやすい構造があります。衣類の大量廃棄は環境面での負荷が大きいため、近年ではサスティナブルな服作りが求められています。

こうした課題を解消するため、小島衣料で提供しているソリューションが3Dモデリングサービスです
これまでは2D(CAD)で行っていたパターン(型紙)作成を3Dモデルと連動させることで、2Dでは完全に再現することができなかった生地のデザインやシルエット、色目などを現物に近い状態でデジタル上に作り出すことができ、試作品を大量に作る必要がなくなります。大量廃棄を未然に防ぐことで、サスティナブルな服作りを実現できます。

また、3Dモデリングサービスを利用すれば、パターン作成から商品画像制作までのプロセスを一気通貫で実現します。そのうえ、商品画像制作ができるため、カタログ作成やECサイト掲載用の画像準備に現物の写真を使用する必要がなくなります。

続いては、小島衣料の3Dモデリングサービスを利用する際の具体的な流れを紹介します。

アパレル3Dモデリング画像作成の流れとは?
見積もりから発注まで説明

3Dモデリングサービスの具体的な流れは以下の通りです。

1:お問合わせ、見積もりに必要な情報のご提示

まずは小島衣料までお問い合わせいただきます。その後、デザイン、寸法、生地、付属など、見積もりに必要な情報をご提示いただきます。なお、見積もりのご依頼は無料です。

2:弊社から見積もりの提示・ご契約

いただいた情報をもとに、見積もりをご提示します。情報をいただいてから見積もりご提示までに要する日数は、およそ中1日です。見積り内容にご納得いただければ、ご契約を締結させていただきます。

3:お打ち合わせ

ご契約いただいた後には打ち合わせを行います。デザインのストーリーや販売チャネルなどについて、お客様のご要望を伺いながら内容を固めていきます。

4:3Dモデリング画像の制作

続いて、打ち合わせで決まった内容をもとに、実際に3Dモデリング画像の制作を行います。各色のサンプルも手軽に作成可能です。

5:納品

画像作成が完了したのち、納品となります。見積もりから納品までに要する期間は、およそ1週間です

3Dモデリング画像作成は以上のような流れで進んでいきます。続いては3Dモデリングサービの利点について紹介します。

小島衣料の3Dモデリングサービスの利点

小島衣料の3Dモデリングサービスならではの強みとして、以下の4つが挙げられます。

パターン作成経験豊富なスタッフがダイレクトに3D画像作成

1つ目は、パターン作成の実績や経験が豊富な点です。小島衣料は昭和27年創業という長い歴史があり、国内大手アパレルメーカーのナショナルブランドにおいてパターンメイキングやグレーディング業務を手掛けるなど、抜群の実績を誇ります。経験豊富な担当スタッフが、レディース・メンズ・子供服など、さまざまなジャンルの洋服に対応可能です。
また、3Dモデリングサービスなら机上で画像を比較しやすく、修正履歴などを把握しやすいメリットもあります。生地の表面感を載せるため、想像しやすいです。そのため、経験の浅いデザイナーでも容易に修正イメージをつかむことができます。

制作にかかる時間の短縮が可能

2つ目は、制作にかかる時間を短縮できる点です。従来の2DのCADサービスでは、パターン作成後の縫製や修正の作業工程に時間を要していました。しかし、3Dモデリングならそれらの工程を省略でき、パターン作成から商品画像作成までの一連の作業をワンストップで行えるため、リードタイムの大幅な短縮が可能です
また、従来はコストや時間の制約で難しかった、各色のサンプルスタイル画像も手軽に作成でき、ECサイトの商品画像はもちろん、社内プレゼンや商談にも活用できます。

初期投資が不要

3つ目は、初期投資が不要な点です。3Dモデリングを自社で導入する場合、大規模な設備投資が必要であり、多額の初期コストがかかります。しかし、小島衣料の3Dモデリングサービスを利用すれば、依頼したいときに必要な分だけ各色の3Dパターンを作成・入手できるため、コストを大幅に抑えられます

サンプル作成のコスト削減が可能

4つ目は、サンプル作成のコストを削減できる点です。3Dモデリング画像の導入により、2Dパターン作成では必要だった工程を削減できるため、低コストでのサンプル作成が可能です。
また、手軽かつスピーディな受注生産により、必要な数量だけ生産できるうえ、無駄な生産費用や在庫管理費用の発生を抑えられます

小島衣料の3Dモデリングサービスには以上のような強みがあるため、従来は工数やコストの都合上実現が難しかった、各色の3Dサンプルスタイル画像を手軽に作成可能です。また、コスト削減だけでなく、サスティナブルな服作りも実現できます。

3Dモデリングサービスの納期やお見積もりについては、下記ページで受け付けています。3DのCADサービスの導入を検討している方は、ぜひお問い合わせください。

いま注目の関連記事

急ぎのご相談から、
サンプル作成、
小ロット対応まで
お気軽にご相談下さい。

メールでお問合せ

納期問合せ・見積り依頼(無料)

(受付時間:24時間)

電話でお問合せ

【東京】03-5642-6155

(受付時間:平日10:00~18:00)