デジタル化が進むファッション業界|
気になるニュースを紹介

apparel_digitalization

ファッション業界では、業務効率化や迅速な対応を目的としたデジタル化が加速しています。ではなぜファッション業界でデジタルを積極的に取り入れる動きが高まっているのでしょうか?この記事では、ファッション業界でデジタル化が進む背景やデジタル化に取り組むメリットについて説明し、関連するニュースを紹介します。

ファッション業界でデジタル化が進む背景

まずは、ファッション業界でデジタル化が進んでいる背景について紹介します。

顧客ニーズの多様化

1つ目は、顧客ニーズの多様化です。

多様化が進む現代では、顧客のニーズもさまざまです。こうした顧客ニーズの多様化をとらえるためには、人手による分析や集計だけでは不十分なこともしばしばあります。そこで、デジタルを通して売上状況や検索状況などから顧客のニーズを正確に把握することで、ニーズやトレンドに合った商品を提案することが可能となっています。

EC市場の拡大

2つ目は、EC市場の拡大です。

近年では、実店舗に足を運ばず、自宅でECサイトを通して商品を閲覧し注文するスタイルが浸透しています。2022年8月に発表された経済産業省の「電子商取引に関する市場調査」によると2021年の日本国内のBtoC向けEC市場規模は、前年比7.35%増の20.7兆円に拡大しています。このようにEC市場の拡大に伴い、自社商品をECサイトに出品しようとする事業者が増加し、デジタル化が進んでいます。

出典:経済産業省ウェブサイト

ファッション業界が
デジタル化に取り組むメリット

この章では、ファッション業界でデジタル化に取り組む2つのメリットについて紹介します。

業務の効率化

1つ目は、業務の効率化です。

例えば、タブレット端末を通して業務の一部を機械に任せるなどして、店舗の運営そのものをデジタル化していれば、少ない人数でも店舗を維持でき、人件費の削減にもつながります。デジタル化を通して業務を効率化すれば、人手不足解消やコスト削減につながります。

顧客満足度向上

2つ目は、顧客満足度の向上です。

デジタル化を通して顧客情報やニーズをデータ化し活用することで、顧客のニーズを細部まで確認でき、顧客一人ひとりに合った提案ができます。また、オンライン上での接客サービスを導入すれば、顧客は困った際に相談でき、購入まで円滑に行えるため満足度の向上につながります。

次章では、ファッション業界のデジタル化に関する取り組みのニュースを紹介します。

ファッション業界×デジタル に関するニュース

では実際に、デジタル化に関してどのような取り組みがされているのでしょうか。気になるニュース一覧を紹介します。

メルカリ EC企業とデータ連携、アイスタイルや丸井などと、アプリから購入導線も

AOKI デジタル接客アプリ導入 安全な購買体験提供

オンワードがゾゾタウンに再出店 スーツD2Cブランドで協業も

アルペン、3Dロボット倉庫システム「ALPHABOT」を物流の主要拠点に導入

オンワードが「EC連動型ストア」 郊外に数十店舗

無印良品、ユニクロ スマホで手軽に使える機能を拡充

AIやVRなど最新デジタル技術を駆使、
服とのコーデ提案も「ジンズ」と「ゾフ」が目論むDX


「イケア」が70年発行してきたカタログを終了 最盛期には2億部を配布

ビームスがVR空間で販売 〝仮想〟ならではの体験提供

ZOZOから4人のバーチャルモデルが登場 ECでの活用に期待

ファッション教育にもDXの波 大阪文化服装学院が「3Dモデリストコース」新設

デジタルを活用した3Dモデリングサービス

本記事では、ファッション業界×デジタルのニュースを見てきました。
ECや3D、AIやVRといったデジタルの活用で、実際に顧客満足度の向上や業務効率化がなされていることがわかります。

小島衣料では、「3Dモデリングサービス」をご活用いただけます。
今まで2D(CAD)のみで作図してきたパターンを3Dモデルと連動し、パターン作成~商品画像までワンストップで制作することができるサービスです。
2Dのパターン作成後の縫製作業や修正作業の工程をなくせることから、リードタイムを短縮できたり、各色サンプルを生産する前にECサイトに商品のサイズ感や各色パターンを掲載することができたり、とメリットが多くあります。

ご興味のある方はぜひ以下をご覧ください。

料金が一目でわかる!資料をプレゼント
パターンメイキング・グレーディング
料金資料をもらう(無料)
お申込み後、リアルタイムでお送りいたします!

急ぎのご相談から、
サンプル作成、
小ロット対応まで
お気軽にご相談下さい。

メールでお問合せ

納期問合せ・見積り依頼(無料)

(受付時間:24時間)

電話でお問合せ

【東京】03-5642-6155

(受付時間:平日10:00~18:00)