最適なグレーディングとは?
アパレルOEM会社直伝‼グレーディング極意

グレーディングとは、パタンナーの起こした標準寸法の型紙(パターン)をもとに、必要に応じた大小のサイズの型紙を作ることです。どのサイズでもイメージを崩さないまたは、各サイズにあったシルエット、デザインとすることが重要となります。
そこで今回は、「製品別グレーディング極意」についてご紹介します。

grading

グレーディングとは

雑誌や店頭でみた洋服を気に入り、試着・購入してみたものの、イメージと違っていたという経験がある方も少なくないのではないでしょうか。通常雑誌や店頭に並んでいるのはその製品の標準サイズであるケースが多いです。そのためサイズを自分に合わせて変更することで、立体感やシルエットが大きく変わってしまい、試着・購入前のイメージと違うといったことが発生してしまう場合もあります。

実際、体型というのは人それぞれ異なります。国立健康・栄養研究所の調査*1によると、1998年の男性15歳以上における平均BMIは23.1、ばらつきを示す標準偏差は3.1でした。2018年では平均BMI23.7、標準偏差3.4となっており、国内の体型のばらつきが大きくなっていることがうかがえます。同様に授乳をしているまたは妊娠中のケースを除外した女性の平均BMIと標準偏差を見ると1998年平均BMI22.5、標準偏差3.5で、2018年のBMI22.4、標準偏差3.7となっており、こちらもばらつきが大きくなっています。

*1参考:国立健康・栄養研究所「身体状況調査 BMIの平均値の年次推移(15歳以上、性・年齢階級別)」
(https://www.nibiohn.go.jp/eiken/kenkounippon21/eiyouchousa/keinen_henka_shintai.html)より

各時代でもばらつきがありますし、時代の変化に伴い、体型のばらつきも増えている傾向にあります。

このような中で、どのサイズでもイメージを崩さないまたは、各サイズにあったシルエット、デザインとすることが重要となり、この工程を「グレーディング」と呼びます。

グレーディングは、パタンナーの起こした標準寸法の型紙(パターン)の割合を単純に縮小拡大すればよいというものではなく、もとのシルエットを保ったままデザインやバランスを変更することが重要となります。

商材別グレーディングの注意点をご紹介

商材・製品によってグレーディングの注意点やポイントもことなりますので、ここでは「パンツ」、「ジャケット」、「シャツ」の3種類について見ていきます。

パンツ

パンツをグレーディングする際の基本となる部分はヒップとしているケースが多いですが、デザインによってはウエストを基本にサイズのバランスをみるケースもあります。

パンツのグレーディングの際には各サイズでピッチの付かない箇所を確認した上で、作業に入ることが重要です。例えば、ベルト幅などはサイズによって変化しない場合もありますし、前ファスナーやポケットについても単純にピッチをつけることが難しい場合がほとんどです。そのため、グレーディング後に適宜調整を行うことが必要となります。

ジャケット

ジャケットのグレーディングを行う際に注意したいのが、マスターと同じバランスでグレーディングされているかという点です。クリースライン、ラペル、カラーはジャケットの顔となる部分ですので、これらのバランスがサイズによって崩れてしまうと、製品の雰囲気が大きく変わってしまいます。

特にクリースラインの角度・傾斜はサイズを問わず共通させることが重要となります。クリースライントとカラーの返り線の角度が変わってしまうと、製品のバランスが崩れてしまいます。

シャツ

シャツのグレーディングを行う際に注意したいのは、「各サイズで変化させない部分、共通部分を持たない」ということです。全てのパーツがグレーディングされることを念頭に置き、作業を行うことが必要となります。

台衿や羽根衿はシャツの顔とも呼べる部分で、マスター作成時には、数センチ、数ミリ単位でバランスを整えています。

グレーディングはイメージ通りより「バランス」が重要

どの製品にも共有しているグレーディングのポイント・極意はシンプルかもしれませんが「バランスを整える」ことです。バランスを整えるためにはピッチをつけるべき箇所やそうでない箇所を正しく認識し、その上で、必要な角度などを保ってサイズ調整を行うことが重要となります。

2020年以降、アパレル業界は市場が冷え込んでおり、企業は人件費の削減や生産効率の向上を迫られています。これらの課題を解決しつつ、最適なグレーディングと製品の生産を行うために、グレーディングを外注するという手段を選ぶ企業も多いです。

小島衣料は、グレーディングは、マスターパターンのデータ入力から対応し、サイズ修正、別寸(オーダーサイズ)等ご要望に応じたグレーディングをご提供しております。
パターン、グレーディングの外注をご検討されている方は是非小島衣料までご相談ください。

いま注目の関連記事

急ぎのご相談から、
サンプル作成、
小ロット対応まで
お気軽にご相談下さい。

メールでお問合せ

納期問合せ・見積り依頼(無料)

(受付時間:24時間)

電話でお問合せ

【東京】03-5642-6155

(受付時間:平日10:00~18:00)