アパレル業界におけるデジタル化の事例|
気になるニュースをご紹介

apparel_digital

多くの業界でデジタル化が進んでいますが、アパレル業界も例外ではありません。店舗運営や顧客管理にデジタル化を取り入れたことにより、顧客獲得や業務効率化に繋がったケースが多くあります。本記事では、そんなアパレル業界におけるデジタル化で成功した事例、気になるニュースをご紹介します。

アパレル業界でもデジタル化は必要

少子高齢化などによって労働力不足の傾向にある日本では、生産性の効率化が求められています。そこで企業の生産性を向上させるため、国を挙げてデジタル化への取り組みがされています。たとえば、デジタル化を後押しする政策も増えており、徐々に国内の推進率も上がっています。
また、デジタル化は、SDGsやサスティナブルなどを達成するための基盤づくりともされており、アパレル業界でも注目度が急上昇しています

さらに、近年ではECなどインターネットでの購買活動が主流となっているため、アパレル販売の競合となるのは日本国内だけでなく海外市場も含まれます。このようなグローバル市場は日本に比べて最新のテクノロジーを活用しているため、勝ち抜くためにはデジタル技術の積極的な導入が必須です。

アパレル業界におけるデジタル化のメリット

業務効率化

店舗運営でデジタル化を推進すれば業務効率化とコスト削減の両方に期待ができます。たとえば、ハンズフリー機器を現場に導入することで、人手による無駄な工数が減り、業務効率化が図れます。最小限の人数でも店舗運営が可能となるためコスト削減も可能です。

特に多くの企業で人手不足が課題とされているため、少人数でも店舗運営が可能な環境づくりが重要です。また、デジタル活用によって消費者が自身のスマートフォンを商品のバーコードにかざすと、商品の詳細情報やコーディネートの提案、オンラインサイトの在庫状況がわかるなど、販売側の効率化だけでなく、消費者側の利便性向上にもつながります。

顧客満足の向上

デジタル活用により、顧客データを収集・蓄積することで、顧客ニーズを細部まで把握でき、顧客に合ったレコメンドが可能となります。たとえば、身長や体重などのデータを登録することでおすすめのサイズを提案したり、似ている体形のユーザーによる着用画像の閲覧ができたり、顧客が頻繁にみている商品と同系統の商品をレコメンドできたりすることが可能です。

このようなデジタル活用によって顧客情報をデータベース化することで、顧客一人ひとりに合った提案が可能となり、顧客満足度の向上にもつなげられます。

アパレル業界におけるデジタル化のデメリット

堅固なセキュリティの構築が必要

ITやデジタル技術によるシステムを導入した場合、ネットワークを介して攻撃を受けるリスクがあります。
データで管理された店舗の機密情報や顧客の個人情報が漏えいする恐れがあるため、強固なセキュリティの構築が不可欠です。

また、セキュリティの構築だけではなく、その運用・管理体制も重要です。
煩雑な個人情報の取り扱いをしていると、ネットワークを介した攻撃を受けてしまい、顧客の個人情報流出が起こる可能性があります。万が一そのような事態が発生してしまうと、ブランドや企業としての信用が失われ、イメージダウンなど大きな影響を及ぼすため、十分な注意が必要です。

システム導入費

デジタル化を進めるためにはシステムの導入が必要です。それに伴い、導入費用やランニングコストなどが発生します。

また、効率化を目的としてシステムを導入したにもかかわらず、「システムをうまく使いこなせない」、「システムとの連携に慣れない」ことで、むしろ効率が悪くなってしまうという可能性も懸念されます。
解決するためには、従業員への教育、事前のテスト運用が重要ですが、ハードルが高く抵抗がある企業も多くあります

次章では、実際にデジタル化で成功したアパレル企業のニュースをご紹介します。

アパレル企業のデジタル化事例
アパレル業界のニュース

実際にデジタル化で、顧客満足度の向上や、業務効率化に至ったアパレル企業のニュースをご紹介いたします。

オンワードがゾゾタウンに再出店 スーツD2Cブランドで協業も

アルペン、3Dロボット倉庫システム「ALPHABOT」を物流の主要拠点に導入

AIやVRなど最新デジタル技術を駆使、
服とのコーデ提案も 「ジンズ」と「ゾフ」が目論むDX


オンワードが「EC連動型ストア」 郊外に数十店舗

ビームスがVR空間で販売 〝仮想〟ならではの体験提供

ZOZOから4人のバーチャルモデルが登場 ECでの活用に期待

JFW推進機構 生地のデジタルプラットフォームを開設

ユニクロとジーユー チャットボットサービスをリニューアル

TSIHD 京セラと組んでOMOの実証実験 店内の顧客行動データ取得

商品理解AIソリューション「アウーAI」が導入企業年内に3倍を目指す

「タンジェリン・ニアミー」と「ビーダッシュ」が連携 データ分析でOMOを支援

デジタル化において重要視される外注サービス

これまでアパレル業界におけるデジタル化のご紹介をしてきました。しかし、デジタル化を推進するためには、先述したように費用がかかる場合が多いです。そこでおすすめなのが外注サービスです。外注サービスであれば、システムの導入費やシステム導入に伴う従業員への教育も不要になります。

たとえば、小島衣料では「3Dモデリング」を提供しています。
通常、自前で3D生産を行おうとすると大規模な投資費用が必要です。しかし、小島衣料の3Dモデリングを活用すれば、こうした初期投資は不要であり、必要な分だけ低コストで生産できます。
加えて、2D生産で要していたリードタイムやサンプル作成のコスト削減も可能です。スピーディに受注生産できるようになるため、在庫の適正化にも貢献します。
3Dモデリングサービスについては以下記事でも詳しく紹介していますので、あわせてご覧ください。



3Dモデリングサービスについて、ご興味をお持ちの方は以下から料金、納期の詳細をご確認いただけます。
料金が一目でわかる!資料をプレゼント
パターンメイキング・グレーディング
料金資料をもらう(無料)
お申込み後、リアルタイムでお送りいたします!

急ぎのご相談から、
サンプル作成、
小ロット対応まで
お気軽にご相談下さい。

メールでお問合せ

納期問合せ・見積り依頼(無料)

(受付時間:24時間)

電話でお問合せ

【東京】03-5642-6155

(受付時間:平日10:00~18:00)