アパレル製造工程のデジタル化でコスト削減と生産効率UPを実現!

digitization_productionefficiency_up

近年のアパレル業界は、製造工程のデジタル化によるコスト削減や生産効率アップが課題となっています。この記事では、アパレル業界のデジタル化が進む背景とデジタル化によって起こっている変化、デジタル化への対応が難しい企業の対応策などについて解説します。

基本的なアパレル製品の製造工程

アパレル製品の製造工程は、川の流れに例えて「川上」「川中」「川下」と表現されることがありますが、この章では川中にあたる基本的な生産の流れを3つの製造工程をもとに解説します。

デザインの決定と素材探し

洋服を作るにあたっては、まずデザインが必要となり、デザインが決定しないことには何も始められません。デザインが決定したうえで、デザインに沿った洋服を実現するために適切な素材探しを行います。

素材探しは、素材メーカーとの打ち合わせを通して決められるのが一般的です。服の作りやすさはもちろんのこと、着心地や素材の価格などを考慮しながらいくつかピックアップして決めていきます。

最初の打ち合わせですぐに素材が決まるケースはほとんどなく、複数の候補をベースにサンプルを作り、検討を重ねていき、最終的な素材が決まります。

デザインをもとに縫製仕様書を作成する

洋服を作る場合、デザイナーが作ったデザイン画を見て、すぐに現場で洋服が仕立てられるわけではありません。実際にはデザイン画をもとに、縫製できるように落とし込み、パターン化する必要があります。具体的には、素材や裁断、縫い合わせの方法を検討することで仕様書に落とし込み、パターン化が図られます。

サンプルの製作を繰り返す

素材と縫製仕様書が準備できると洋服づくりがスタートします。最初にサンプル品の製作を行い、徐々に試作品を改良していくなかで完成品へと近づけて行きます。

アパレル製品の製造はこのような流れで行われていますが、近年では、新型コロナウイルス対策の規制を受けて、デジタル処理への移行を進めるアパレル企業も少なくありません。また、その中でも生産工程でのコストの削減、効率化に向けた変化が起こっています。そこで続いては、デジタル活用に伴いアパレル業界で起こっている変化について解説します。

デジタル活用によりアパレル生産において起こっている変化

ここでは、デジタル化が進んでいる背景と、それによってアパレル生産で起こっている変化について解説します。

デジタル化がなぜ進むのか

アパレル業界では、複雑なサプライチェーンによる時間的・経済的なコストの削減が行われるようになり、さらに複雑な在庫管理の解消、顧客ニーズへの対応が求められています。このような状況に対応するためにアパレル生産のデジタル化が進んでいるのが現状です。実際に、サプライチェーンの短縮化や顧客体験の創造など、「ファッションテック」としてアパレル業界でも注目を集めています。

パターンと裁断の高速化

パターンや裁断は製造工程の中でも時間がかかる部分であり、特にパターンマッチングの部分に多くの手間がかかっています。このような状況の中で、いかにして作業の正確性を維持・向上させつつ高速化を目指すかが大きな課題となっています。実際にパターンや裁断の高速化に対応するために、自動裁断機による一斉裁断機能によって裁断時間の短縮に取り組んでいるケースもあるなど、デジタル機器の導入を進める企業も増加しています。

縫製分野の生産ラインの一元化

製造コストの多くを占めるとされる縫製分野では、生産ラインの一元化を求める動きが高まっています。デジタル化に取り組む企業の中には、システムを導入し生産ラインの一元管理を実現しているケースも少なくありません。システムを導入することで、1つの工場ラインからサンプルデータを収集できるようになります。そうなれば、工場全体の生産性に対するレポートの作成もできるため、より多くの製品を効率よく制作するといった生産効率の向上につながります

3Ⅾモデリングによるサンプルの作成

洋服を作る場合、サンプル作成は何度も行われますが、サンプル作成にもコストがかかります。それを改善するために、3Dモデリングを活用してサンプル作成を行うケースが増えています。3Dモデリングは、立体的にデザインでき、実際にサンプルを作る必要がなくなるため、サンプル作成時のコスト削減や業務効率化が期待できます。

このように、製造工程のデジタル化を進めることで、生産性向上やコスト削減などの効果を見込めます。一方で、縫製などのデジタル化には大掛かりなシステムの導入が必要となることから、導入までのコストや期間がネックとなる企業も少なくありません。
そこで、続いてはこのデジタル化を手早く簡単に行うためにはどうすればいいかを解説します。

手早く簡単にデジタル化「小島衣料の3Dモデリング」による外注

デジタル化を推進しようとしても、ソリューションの選定や予算確保、今までの工程の見直しが必要になるため、導入をなかなか進められないといったケースは少なくありません。そのような場合、自社での導入よりも、外注をした方がコストや手間をおさえられる可能性があります。

例えば、小島衣料では、アパレル製品製造の様々な工程の外注に対応しており、手間をかけず簡単にデジタル化へ移行可能です。

また、国内大手アパレルメーカーをはじめとして、あらゆるジャンルの洋服の製造業務を受けており、豊富な実績があります。複雑なシルエットにも対応したパタ-ンメイキングや様々なサイズに柔軟に対応できるグレ-ディング、マーキング・縫製仕様書作成、サンプル作成まで行っているため、自社のニーズに応じた発注もできます。

製造工程のデジタル化に興味のある方、工程の外注に興味のある方は、ぜひこちらをご覧ください。

急ぎのご相談から、
サンプル作成、
小ロット対応まで
お気軽にご相談下さい。

メールでお問合せ

納期問合せ・見積り依頼(無料)

(受付時間:24時間)

電話でお問合せ

【東京】03-5642-6155

(受付時間:平日10:00~18:00)