【アパレル経営者必見】
コロナ禍で変化する「業務委託」最新事情

subcontracting_latest_circumstances

コロナ禍をきっかけに、アパレル業界では業務委託ニーズが多様化しました。業務委託にはコスト削減などのメリットがある一方、困りごともしばしば起きます。今回は、業務委託によくある困りごとを解説するとともに、多様なアパレル経営者のニーズに対応できるサービスを紹介します。

アパレルの業務委託は
コロナ禍をきっかけに多様化

コロナ禍をきっかけに、アパレル業界では業務委託が多様化しています。
たとえば、収益の見通しが不安定になったことで、コスト削減のために業務委託を行うニーズが高まっています。社員を雇用すると固定費がかさむことから、「パターンメイキング業務だけお願いしたい」「仕様書作成のみお願いしたい」といったように、業務の一部を外部に委託する形式が増えています。

業務委託には、新たなビジネスモデルを低リスクで模索できるというメリットがあります。委託する企業にとっては、社員を長期的に雇用しないため、仮に新たなビジネス・商品・ブランドが頓挫しても費用を最小限に抑えることが可能です。会社の状況や市場の変化などに合わせ、予算や業務量の都合をつけやすいことも利点です。

このようにニーズが多様化している業務委託ですが、実際に行うとメリットだけでなく悩みも生じます。具体的にどのような困りごとがあるのか、次章で紹介します。

アパレルの業務委託をするうえで
よくある3つの困りごと

業務委託を行う際にしばしば生じるお悩みとして、以下の3つが挙げられます。

小ロットの発注がかけづらい

1つ目は、小ロットの発注がかけづらい点です。たとえば、個人のアパレル事業主が業務委託する際の困りごととして、ロット数の最低ラインを満たせないことがよくあります。

個人のブランドでは少数販売も珍しくないのに対し、多くの工場では最低ロットを100着以上と設定しているため、ミスマッチが起きやすいということです。50着を最低ロットとしている工場もありますが、1着当たりの工賃は割高になります。

外注のコストが高い

2つ目は、個人、中小規模のアパレル事業者からすると、縫製工賃のような外注費を高く感じてしまう点です。最終的に商品の価格を抑えるために外注費も安くしたいと思いますが、最小ロットを下回る場合、割高になってしまう傾向がみられます。

また、外注費用に加えて、資材費用や販売場所の賃料や倉庫代を加味すると、商品価格はどうしても高くなってしまいます。

納期までに時間がかかる

3つ目は、納期までに時間がかかる点です。パターンなどから作業を業務委託すると、場合によっては多くの時間を要するため、納品するころにはシーズンが終わってしまい、売り時を逃してしまうかもしれません
デザインから販売に至るまでどのくらい時間がかかるか、委託先のスケジュール感も含め事前にしっかりと把握しておく必要があります。

このように業務委託にはさまざまな課題があるなかで、実際にどこに委託すればいいのでしょうか?
次章では、アパレル経営者のニーズに対応できる業務委託先を紹介します。

アパレルの業務委託なら
小島衣料の「外注CADサービス」

小島衣料の「外注CADサービス」なら、アパレル経営者のさまざまな業務委託ニーズに対応可能です。

パターンから小ロットまで一貫代行可能

小島衣料では、経験や実績豊富なスタッフが、パターン作成からグレーディングまで一貫して対応します。パターン作成ではデザイナーのイメージを尊重したうえで正確に形にし、グレーディングではマスターパターンのデータ入力から対応可能です。サイズ修正や別寸などのニーズにもお応えします。
服種やサイズに関しても、レディース・メンズ・子供服はもちろん、ユニフォームやイレギュラーサイズなど、あらゆるアイテムに対応できます。

また、小ロットの案件にも対応可能です。そのため、個人ブランドの少数販売にも最適なロット数でのご案内ができます。

さらに、料金も低価格でご提供させて頂いております。海外拠点も含め多くのキャパシティを保有、リーズナブルな料金体系を実現しているため、外注コストを抑えることが可能です。

そのうえ、短い期間での納期にも柔軟にご対応いたします。例えば、3Dモデリングサービスを利用すれば、2Dのパターン作成後に要していた縫製作業や修正作業の工程を省略できるため、リードタイムを大幅に短縮できます。これまでは工数やコストの面から作成できなかった各色の3Dサンプルスタイル画像も手軽に作成できるため、商談ツールや社内プレゼン、ECサイト商品掲載画像としても活用可能です。
3Dモデリングを自前で導入しようとすると大規模な設備投資が必要ですが、「外注CADサービス」を利用すれば初期コストを抑えられます。この点も大きなメリットです。

「業務委託」での困りごとにも対応可能

小島衣料の「外注CADサービス」を利用することで、業務委託につきものの困りごとも解消できます。

またサンプル作成や小ロットの案件でも、短期間での対応が可能です。パターンを作りこむ前に3Dモデリングでデザインチェックを行い、パターンの作りこみや実物でのトワルチェックをデザイン決定後にすることが可能です。これにより、サンプルレスを実現でき、リードタイムの削減に加えてコストカットも可能になります。さらに、サンプル作成にかかっていた費用を削減し、生産前に3D各色画像をEC販売画面に掲載することにより手軽に受注生産できるようになるため、生産数量や在庫の適正化も実現可能です。


短納期で低価格、かつ実績豊富な小島衣料の外注CADサービスに興味をお持ちの方は、下記よりお問い合わせください。

いま注目の関連記事

急ぎのご相談から、
サンプル作成、
小ロット対応まで
お気軽にご相談下さい。

メールでお問合せ

納期問合せ・見積り依頼(無料)

(受付時間:24時間)

電話でお問合せ

【東京】03-5642-6155

(受付時間:平日10:00~18:00)